カーテント

小川カーサイドシェルターのレビュー!設営方法や雨の強さを徹底調査【ブログ】

小川カーサイドシェルターは
世間の評判がいい。

・耐水圧1800mmで雨に強い
・パーツ追加で自立もできる
・ハイエースやジムニーにも対応

カーテントはやっぱり最高です。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✅関連記事
>>バックドアテントのおすすめランキング!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

この記事を読んでほしい人

・カーサイドシェルターが気になる人
・実際に使用した感想を聞きたい人
・防水性やサイズ感を見たい人

アレンジによる自立方法もまとめたので
ぜひ最後までご覧ください。

小川カーサイドシェルターのレビュー

小川カーサイドシェルターの
レビューがこちら。

車の屋根の高さと長さ共に1.5メートルでしたが、両サイド開閉できる扉と側面の網付き窓の魅力に惹かれて試しに買ってみました。小型車だと多少両脇がはみ出ましたが、脇の調節も如何様にも対応できますし、固定吸盤取り付け穴が両脇の他に3箇所あるので、突風のある日の設営でしたが、平らな面なら2箇所だけでもかなりしっかり取り付けられます。
引用:Amazon

軽バンにもちょうどいいサイズです。カーサイドタープALを使ってましたが、新作のカーサイドシェルターだと窓も含めてクローズできるので雨や寒さをしのげますし、広くなった分ソロでの車中泊キャンプがより快適です。
引用:Amazon

同メーカーのカーサイドタープからこちらに替えました。車に取り付けることにより、テントのように囲ってくれます。ただ、少し隙間ができますので、小さい虫などが入ってきますが。暑い時は両サイトのファスナーを開ければタープにもなり風通しも良くなります。カーサイドタープと違って、正面の網戸にもカバーがありますので雨の侵入も防げます。雨降りで使用してみて、これはいいです。
引用:Amazon

小川カーサイドシェルターの設営方法

小川カーサイドシェルターの
設営方法がこちら。

1.幕を広げる
2.ポールを組み立てる
3.ポールをスリーブに通す
4.ポール上部をテープポケットにイン
5.ポール下部にクリップピンを差し込む
6.ポールにフックを取り付ける
7.吸盤で車に固定
8.設営完了

わかりやすい動画がこちら。

小川カーサイドシェルターはアレンジで自立可能?

小川カーサイドシェルターは自立可能!

アレンジすれば単独でも楽しめます。

<別で用意するもの>
・ポール2本(180cm)

・ロープ
・ペグ

実際の自立方法がこちら。

1.まずはシェルターを組み立てる
2.裾側にペグを2箇所打ち込む
3.前方にポールを2本差し込む
4.前方にペグを2箇所打ち込む
5.たるみがあれば追加でペグ打ち

わかりやすい動画がこちら。

小川カーサイドシェルターは雨に強いのか?

小川カーサイドシェルターは雨に強い。

耐水圧1800mmなので
防水としては申し分ありません。

テントの耐水圧は1500㎜~2000㎜までが基準になります。基準より下になってくると、急な雨が心配になってきてしまいます・・・。
引用:campify

逆に、数字が大きすぎても
通気性が悪くなってしまうので
むしろ丁度いいかもしれません。

小川カーサイドシェルターの吸盤は機能する?

小川カーサイドシェルターの
吸盤の良し悪しをまとめると、

・車が濡れていなければ大丈夫
・雨の日で濡れてると固定が困難
・不安な場合は追加で吸盤を買おう

吸盤の口コミがこちら。

固定吸盤取り付け穴が両脇の他に3箇所あるので、突風のある日の設営でしたが、平らな面なら2箇所だけでもかなりしっかり取り付けられます。心配な方は、ほかの穴にも吸盤を取り付けると良いとおもいます。
引用:Amazon

風が強い時は車とテントの位置を工夫した方が良いです。吸盤はついたり着かなかったりですが、付いていないからと言ってテントが風で煽られたりはしません。
引用:Amazon

雨の日の車屋根への吸盤固定は無理です。標準装備の2個+4個を予備にしてみましたが無理でした。
車越しにロープで固定など応用を効かせる必要があります。
引用:Amazon

小川カーサイドシェルターのサイズ

小川カーサイドシェルターの
サイズがこちら。

収納サイズ:約68×18×18cm
対象の車両サイズ:車高170~200cm

あなたの車に合うか
チェックしてみましょう。

小川カーサイドシェルターとハイエースの相性

ハイエースと小川カーサイドシェルターを
組み合わせている動画がこちら。

小川カーサイドシェルターとジムニーの相性

ジムニーと小川カーサイドシェルターを
組み合わせている動画がこちら。

小川カーサイドシェルターは中古で売ってる?

現在の状況をチェックしてみると
メルカリには売ってない!

ヤフオクには売ってるけど定価より高い!

安く出回っていませんでした。

小川カーサイドシェルターで快適キャンプ!

これまでの情報をまとめると、

・パーツを用意すれば自立もできる
・耐水圧1800mmで雨にも強い
・吸盤は乾いてれば機能する
・ハイエースやジムニーにも対応
・中古はないから買うなら新品

カーサイドテントで快適キャンプ!

カーテントをランキング化したので
ぜひそちらもご覧ください。

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー
✅関連記事
>>バックドアテントのおすすめランキング!
ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー

-カーテント

© 2021 CARSULE(カースル )テントの口コミ・評判を徹底調査!!